インフルエンザ流行時期はいつまで?冬に流行する理由についても詳しく解説!

毎年10月頃になると病院やテレビなどで

インフルエンザの予防接種の事が話題になりますね。

 

そろそろインフルエンザの猛威に怯える季節が

始まりますがところでなぜインフルエンザは

冬に流行するのでしょうか?

 

今回はインフルエンザの流行時期はいつまで続く?

またインフルエンザが冬に流行する理由に

ついてなど詳しく解説していきたいと思います。

 

これからは何となく流行が過ぎるのを待つのではなく

インフルエンザの知識を取り入れ予防していきましょう。





スポンサーリンク







インフルエンザとは?流行時期はいつまで?

冬場に熱が急激に上がるとインフルエンザ感染を

考える方が多いのではないでしょうか?

発熱で病院を受診するとかなりの確率で

インフルエンザの検査をされますよね。

 

インフルエンザとはどんな病気?

インフルエンザウイルスに感染し起こるもので

潜伏期間1~5日の後38℃以上の熱や筋肉痛などの

全身症状が現れ普通の風邪より急激に悪化するので

症状が重い特徴があります。

 

せきや鼻水など飛沫感染が主と言われますが

いつまで感染の危険があるのかご存知ですか?

 

実は熱が下がった後もウイルスをまき散らしてしまう為

解熱後2日でさらに発症から5日後までは

学校などは出席停止になるほどなのでそれまでは

外出を控える必要があります。

 

インフルエンザの流行時期はいつまで?

ではインフルエンザの流行時期はいつなのでしょうか?

 

感染力が強力なウイルスなので感染者が増えると

一気に感染するリスクが高くなります。

感染を防ぐために流行時期を知っておきましょう。

 

インフルエンザの流行時期は

12月後半から3月と言われます。

早いと9月や10月に感染する人もいますが少数です。

 

特にピークは1月終わり2月初めと言われ

全国でインフルエンザ感染の報告が増えるようです。

 

1月の4、5週目は知らずにウイルスを

拾ってしまう危険があるので人が多い場所への

お出掛けは避けた方が良いと言えるでしょう。

 

マスクは耳が痛くなるし息苦しい・・

眼鏡の方などマスクが苦手な方も多いですよね。

 

そんな方はこちらの「食べるマスク」がオススメ!

ヨーグルト味の錠菓でとっても食べやすく

小さなお子様でも食べる習慣を付ける事ができます。

 

人混みに行く際などはシールド乳酸菌を

身体に取り入れてみませんか?





スポンサーリンク







インフルエンザが冬に流行する理由とは?

ではインフルエンザはなぜ毎年冬に流行するのでしょうか?

主な理由は2つあると言われています。

 

ウイルスにとって最適の生存環境

 

インフルエンザウイルスは気温が15℃以下で

湿度が20%前後の環境が生存に最適と言われ

日本の夏は高温多湿気候ですので

まさに気温と湿度が下がる冬が流行しやすくなるのです。

 

体内へウイルスが侵入しやすい

 

人間の喉や鼻は線毛という毛で粘膜が覆われていますが

これはウイルスなどが体内に入らないよう侵入を

フィルターのように防いでくれます。

 

気温が下がると身体は熱を外へ出さないよう喉や鼻の血管が

収縮しその為線毛の働きは鈍くなります。

 

侵入を防いでくれるフィルターの働きが

鈍くなるという事はウイルスも

侵入しやすくなるという事ですね。

 

この2点の理由からインフルエンザは毎年

冬に流行してしまうといえるでしょう。

関連記事:インフルエンザ陰性でも高熱が!再検査で陽性になることはある?





スポンサーリンク







インフルエンザを予防しよう!

冬に流行してしまう事が分かったインフルエンザですが

気候的な原因であれば避ける事はできないのでしょうか?

 

上記でも言いましたがインフルエンザはウイルスが

とても強力なので感染者が増えるとどうしても

感染リスクは高まってしまいます。

 

しかし予防を行う事で感染リスクを減らすことは

できるのでしっかり予防していきましょう。

 

手洗いを徹底する!

インフルエンザに限らず手洗いは全てのウイルスの

予防で大切になってきます。

 

帰宅時だけに限らず食事前やトイレの後など

様々なものに触れたくさんウイルスが付いている手は

しっかり石鹸で細かい所まで洗いましょう。

 

<石鹸を使った正しい手洗い>

1手を流水で濡らします

2泡石鹸を手のひらに取りすり合わせ泡立てます

3手の甲を片方の手の甲でもみ洗いする

4指を組み指の間をもみ洗いする

5親指を片方の手で揉み洗いする

6指先を片方の手の平を使い洗います

7手首までしっかりもみ洗いする

8流水でしっかりとすすぐ

 

自動で出てくる泡ハンドソープ使っていますか?

手をかざすだけで自動に石鹸が出てくるので

とっても衛生的なこちらの商品がオススメです。

 

保湿成分配合殺菌効果も高くボトルは交換

可能なので香りも選べちゃいます!

 

しっかり洗えていると泡の色が白に変わるので

お子様自身でも洗えているのか確認可能です。

 

湿度と温度管理を徹底しよう!

 

湿度と温度を管理するならデジタル湿温度計がオススメ!

 

湿度や温度を管理する事により

インフルエンザや他の風邪菌を予防するだけでなく

お肌の乾燥対策や結露やカビの防止も可能に!

 

寝室やリビングなど快適に過ごす為に

一つ置いておくととっても便利です。

 

こちらの商品は時計表示やアラームも付いていて

大画面で見やすい表示がとっても嬉しいですね。

 

インフルエンザウイルスは湿度や温度が低いと

生存率が上がり感染を高めてしまうので

湿度と温度を調整しインフルエンザウイルスを

死滅させる事により予防していきましょう。

 

湿度も温度も低いとインフルエンザウイルスの

生存率が上がると説明しましたがただ高くするだけでは

他の問題が生じてしまいますよね。

 

例えば湿度を上げ過ぎるとダニやカビの発生を

促してしまいますし温度は高すぎると暑く

人が生活する環境として良くありません。

 

そんな事を考慮しインフルエンザウイルスを

死滅させる最適の環境は以下がベストといえます。

湿度を50~60%

温度を20~24度

 

湿度を上げるには加湿器がオススメ!

温度はエアコンやストーブなど簡単に上げる

事が可能ですが湿度は対策が必要になってきます。

 

こちらの商品はフッ素加工なので汚れがつきにくく

広口で給水も楽々!フィルターなしでお手入れも簡単。

 

湿度センサーと室内センサーが搭載されているので

うるおいプラスでコントロールしてくれます。

 

予防接種を受ける

インフルエンザは予防接種をする事で感染を予防、

または感染しても重症化を防ぐ事ができます。

 

しかし予防接種後すぐに効果があるわけではなく

接種後2~3週間かかると言われています。

 

インフルエンザの流行時期を考えると

11月後半~12月頭までに予防接種を受けると

感染リスクを減らすことができるでしょう。

 

近年インフルエンザ対策として人気の

「R-1ヨーグルト」をご存知ですか?

 

こちらは飲むヨーグルトでドリンクタイプの

商品になっています。

 

ラクトバチルスブルガリスクOLL1073R-1という

特別な乳酸菌を使用していてEPSを生成しこのEPSが

免疫力を高めインフルエンザ予防や免疫力の向上を促します。

 

ヨーグルトで予防を考えの方はこちらがオススメ!

関連記事:ノロウイルスの予防法!加熱が有効?消毒方法についても詳しく解説!





スポンサーリンク







最後に

今回はインフルエンザについてご紹介しました。

インフルエンザの流行時期や冬に流行する理由など

インフルエンザを予防するうえで大切なことを

詳しく解説していきましたがいかがでしたでしょうか?

 

毎年冬になると何気な不安になっていたインフルエンザですが

ウイルスにとって環境が良くなる事や人間の体内に

侵入しやすくなることが原因であった事に驚きですね。

 

流行時期に外れて発症する方もみえますが

やっぱり学校や会社などインフルエンザ患者が

増える時は一番感染リスク高まるので

ピーク時期は予防をしっかり行いウイルスに感染

しないよう気を付けなければいけません。

 

冬になると他にも気を付けなければいけない

ウイルスはたくさんあるので手洗いなどの生活習慣、

加湿などに気を付けてインフルエンザに負けず

冬を過ごしていきましょう。

関連記事:ノロウイルスを消毒できる市販のスプレーでおすすめはコレ!





スポンサーリンク






サブコンテンツ