鏡餅の意味を子供向けに!みかんや干し柿・ゆずりはの意味も詳しく解説!

年末年始になるとデパートなどでもよく見かけるようになる鏡餅。

毎年、家のリビングや玄関先に飾っているという方も多いはずです。

 

しかし、その鏡餅をお正月に飾る意味を、子供向けに説明できますか?

改まってその意味を考えて見ると、

一体なぜお餅を重ねたものを縁起物として飾っているのか、不思議ですよね。

それに、餅の上に乗せるみかんや間に挟んでいる串に刺した干し柿の意味など、

鏡餅に対する疑問は尽きません。

 

今回は、そういった鏡餅の意味について解説していきます。

今年の鏡餅は、しっかり意味を理解したうえで飾ってみませんか?





スポンサーリンク







鏡餅の意味って?いつ備えれば良いの?

年末から年明けにかけてお供えすることの多い鏡餅ですが、

この鏡餅には、新しい年を運んでくるとされている「歳神様」を

お迎えするための依代(住み着く場所のようなもの)としての意味があります。

 

歴史も古く、室町時代にはすでにこのような意味で鏡餅をお供えする文化は

広く浸透していたといいます。

 

ちなみに、1月1日で年齢を一つ増やす「数え年」というものがありますが、

これは新年を迎えて歳様に年をもらうという習慣があったためです。

それほど、歳神様という存在が一般的であったということですね。

 

さて、それではなぜ歳神様にお餅をお供えするようになったのかというと、

昔から、日本にはお米一粒一粒に神様(霊力)が宿っているとされており、

そのお米をたくさん練りこんで作るお餅は、

その力が何倍にも高まっている縁起物だと考えられていたためです。

 

そうして歳神様にお供えした鏡餅を食べることでその生命力を分け与えてもらい、

これから始まる一年を元気に暮らすことを祈願したのです。

 

また、鏡餅は丸い餅が二つ重なっているのが一般的なイメージだと思います。

まず丸い餅が用いられている意味としては、

三種の神器である鏡の丸に似せているというのが有力です。

鏡には神様が宿るとも言われますし、鏡餅という名前の由来にもピッタリですよね。

 

二つ餅が重ねられているのは、

円満に年を重ねる、夫婦仲良くといった縁起を担ぐためで、

商品によっては紅白の餅を重ねたり、3段重ねにしたりとバリエーションがあります。

 

鏡餅を備え始めるのは12月の26日から28日の間が良いとされており、

特に末広がりの8が付く28日が好まれています。

29日になると「二重苦(二十九)」などと縁起の悪い日取りになってしまい、

31日に飾るのも一夜だけのお供えとなってしまい良くありません。

(宗教によっては31日に飾ることもあります)

 

鏡餅を早く飾る分には問題ないとはされていますが、

クリスマスの前から鏡餅を飾ってあるというのもなんだか違和感がありますし、

どうせなら、縁起を担いで28日に飾り始めるのが良いでしょう。

 

そして、歳神様がいらっしゃる期間の松の内(1月7日)までは

玄関やリビングのみんなが見える位置に綺麗に飾っておきます。

その後は下げて保管し、一般的には鏡開きの1月11日に食べるのが良いです。

(地域によっては15日のところもあります)





スポンサーリンク







鏡餅のみかんや干し柿、ゆずりはの意味は?

鏡餅を飾るときにセットになっているのは、

みかんや干し柿、ゆずりはが代表的ですよね。

これらにも、ちゃんと意味があります。

順に詳しく解説していきます。

 

まずはみかんですが、元々は「橙(だいだい)」という果物を飾っていました。

橙は、きちんと実っても木から落ちないで数年残ることがあり、

1本の木に何代も実がなるという特徴と、「代々」とも読めることから、

一族の繁栄を祈願する縁起の良いものとされていました。

 

しかし今では、比較的手に入れやすく安価なみかんを代わりに置くことが多くなり、

鏡餅と言えば上にみかんを乗せるものだと広まっています。

もともとの意味を知っておくと、同じみかんを備えているのでも気持ちは変わりますよね。

 

鏡餅セット

 

鏡餅の丸い形の容器の中に、個包装の丸餅が入ったタイプの鏡餅です。

大きすぎて食べ残してしまいがちな鏡餅も、これなら食べやすくて良いですよね。

みかんでなくきちんと橙がセットになっていますし、

その他の基本的な鏡餅の飾りも入っているので、

これだけ買えば立派な鏡餅を飾ることができます。

 

組み立て方も子供向けで簡単になっているので、

お子様に鏡餅の意味を教えながら一緒に飾ることもできますよ。

 

 

また、干し柿も鏡餅の飾りとして使用されることがあります。

干し柿を飾る文化は主に関西で多いとされているので、

地域によってはあまり馴染みがないこともあるでしょう。

 

干し柿の基本的な飾り方としては、

干し柿を串に10個刺した物(両端に2個ずつ、中央に6個)を

鏡餅と橙(みかん)の間や、餅と餅の間に置くというものになります。

干し柿は、喜びが来る「喜来(かき)」として縁起物になっています。

串でいくつも刺すことで、喜び事が集まってくることを祈願しているのです。

 

ただ、鏡餅の大きさを見ながら干し柿の大きさや串の刺し方を考えないと

全体のバランスがおかしくなってしまうので、注意しましょうね。

 

串柿

干し柿を買ってきて自分で串に刺すのももちろん良いですが、

面倒ですし、実際やってみると形も崩れやすいです。

せっかくのお正月の縁起物ですから、

いっそのことこういった既製品を買ってしまうと言うのもおすすめです。

 

10個串は、中央に6個、両端に2個ずつという配置になっていますが、

これにはいつもニコニコ(2個2個)、

仲睦まじく(中6つ)白髪(干し柿の白い粉)が生えるまで

という意味が込められています。

 

 

最後に鏡餅と一緒に飾る葉っぱ、「ゆずりは」ですが、

ゆずりはは、新しい芽が出てくるまで古い葉が落ちない植物で、

親から子にきちんと受け継いで、世代交代を恙なく行えるという縁起がかかっています。

 

年長者より先に若い者が亡くなるという不幸が起こらないように、

また、一族が決して絶えないようにすることを祈願して、ゆずりはを飾るのです。

関連記事:正月飾り玄関での位置や付け方は?名前やマンションでの飾り方についても詳しく解説!





スポンサーリンク







鏡餅の意味を子供向けに説明したい!

鏡餅の正しい意味と歴史をそのまま子供向けに説明しようとしても、

やはり難しいですし、一度に全部は覚えられません。

子供向けにするポイントとしては、

意味を単純化して、楽しくなるようにするということです。

 

鏡餅を飾る根本的な意味については、

クリスマスに家にくるサンタさんのように、

年末年始にも家には神様がやってくるということ、

そして、その神様へのお供え物が鏡餅であることをきちんと教えてあげましょう。

 

鏡餅が大切なお供え物であるということがわかれば粗末に扱うこともないでしょうし、

鏡開きまで食べるのを我慢しなければならないということも分かってくれるはずです。

 

そして、お供えしたお餅を食べることで神様の力を分けて貰って、

これからの一年を元気に過ごすことができるというように説明しましょう。

 

子供向けの自分で組み立てるタイプの鏡餅を買って、

一緒に鏡餅を作りながら教えてあげれば、

楽しい思い出と一緒に鏡餅の意味を学んでくれるはずです。

 

干し柿やゆずりはの意味は鏡餅よりもさらにわかりにくく、

地域によってはあまり馴染みがないこともありますので、

あまり厳密に説明するのではなく、

ゆずりはは「家族が無事に暮らすお守り」、干し柿は「良いことが起こるお守り」くらいで、

とにかく、縁起物であるということを強調してあげましょう。

 

子供は一度理解につまずくと拒絶してしまうことも多いですから、

子供向けに説明するときには、多少厳密さを失ってでも

極力分かりやすい説明を心掛けましょう。

関連記事:神社にお参りする意味や頻度は?お賽銭の作法は?





スポンサーリンク







最後に

いかがでしたでしょうか。

大人でも意外と知らない鏡餅の正しい意味や由来、

干し柿やゆずりはの意味について、解説していきました。

 

子供向けに説明するためには、事実をかみ砕く必要がありますが、

それができるためには大人がしっかりと意味を理解しておく必要があるのです。

 

鏡餅は日本の大切な文化の一つですから、

これを機会に深く学んでみるのも良いと思います。

関連記事:喪中に神社やお寺で厄払い・厄除けできる?初詣は?





スポンサーリンク






サブコンテンツ