正月飾り玄関での位置や付け方は?名前やマンションでの飾り方についても詳しく解説!

年末年始はお正月の準備で忙しくなりますよね。

日本では古くからお正月には玄関に正月飾りとしてしめ縄を飾るという習慣があります。

みなさんも、飾ったり目にしたりしたことがあると思います。

しかし、この正月飾りの正しい位置や付け方、種類、名前など、

詳しく知らないという方は多いのではないでしょうか。

 

また、マンションやアパートに住んでいるという方は、

玄関の飾る位置や付け方も考えなくてはいけないと思います。

今回は、そんなふとした疑問にわかりやすくお答えしていきます。

 

お正月は1年のスタートを切る節目のイベントでもあるため、

しっかりと準備して気持ち良く新しい年を迎えたいですよね。





スポンサーリンク







正月飾りの種類と名前!その意味は?

正月飾りと聞いてみなさんはどんなものをイメージするでしょうか。

実は、正月飾りと一口に言っても、

玄関先に飾るものから室内に飾るものまで、たくさんの種類があるのです。

有名どころでは、鏡餅や門松、しめ飾り、と言ったところでしょうか。

 

もちろんそれぞれには意味があり、どれも正しく飾ることで縁起を担ぐことができます。

しかし、最近では名前と形だけが残ってしまい、

正月飾りの大切な意味を知らずに飾っている方も多いことと思います。

どうせなら、意味を知って飾りたいですよね。

 

まずは、鏡餅からご説明していきます。

正月飾りの中でも特に有名ですし、安価で飾ることができますので

みなさんもご家庭でよく飾っているのではないでしょうか。

鏡餅の意味は、歳神様へのお供え物と言われています。

 

また、形の丸みは円満な家庭を表し、

餅を重ねて飾るということから、めでたく1年を重ねていくという意味もあります。

飾り方としては、家に来た歳神様にすぐに気づいてもらえるように、

という意味を込めて玄関に飾るのがおすすめです。

その他、リビングや仏壇など、人目に触れるようなところなら

家のどの位置でも、そして何個供えても問題ありません。

 

次に門松です。

門松は、名前の通り、お正月に玄関や家の門に1対で立てるのが一般的です。

高い山から降りてきた歳神様に、

迷わず家に来てもらえるようにという目印の役割を果たしています。

そのため、玄関の外に飾るのが正しい飾り方とされています。

 

対になっている向かって左が雄松、右側が雌松と呼ばれており、

門松を構成する松竹梅にもそれぞれに意味があります。

松は寒さが厳しい季節でも1年中枯れない常緑樹であり、

長生きの縁起ものとされ、また神様が宿るという言い伝えもあります。

 

竹は成長が早くて丈夫なことから、健康や生命の象徴となります。

梅は春になると一番に花を咲かせる植物であることから、

1年の始まりを示し、繁栄の象徴とされています。

 

玄関に門松を飾ると、いかにも正月飾りという感じで、豪勢になりますよ。

最近では、小さくて簡易的なものも比較的安価に購入できるので、

ぜひ飾ってみてはいかがでしょうか。

 

そして、しめ飾りですが、これは玄関ドアの中央に飾るのが正しい飾り方です。

しめ縄を飾ることで神様を迎える神聖な空間であることを示し、

中に不浄なものが入ってこないようにするための結界としての意味、

そして厄払いの意味も込められています。

 

しめ縄には、橙や裏白、ゆずり葉、昆布、紙垂を一緒に結ぶのが一般的です。

しめ飾りは玄関の外に飾ることが多いので、

風などで飛んでいかないようしっかりと取り付けましょう。





スポンサーリンク







玄関に置く正月飾りの飾り方は?位置や付け方は?

正月飾りを購入してみたものの、飾り方が分からないという方も多いと思います。

ここからは、玄関に置く正月飾りの飾り方について紹介していきます。

 

まずは鏡餅の飾り方ですが、玄関に飾る用としては大きい方が好まれます。

三宝(台)の上に、折った半紙を端が少し垂れるようにして敷きます。

次に、裏白(シダの葉)の白い部分を前に向けるようにして乗せます。

その上にお餅を重ねて置き、最後にお餅の上にみかん(橙)を乗せて完成です。

 

飾る位置としては、その年の恵方の方位に向けるとより良いとされていますので、

毎年恵方を確認してから供えると良いでしょう。

 

次に門松の飾り方です。

門松は1対で飾るのが正式で、雄松、雌松とそれぞれ左右で区別されています。

見分け方としては、葉が太く、頑丈で樹脂が黒っぽいのが雄松で、

葉が柔らかく樹脂が朱っぽいのが雌松です。

 

しかし、江戸時代より前には、庭に1本だけ飾るのが正式な門松だったようですし、

門松を1本だけ飾ったとしても問題ありません。

1本だけ飾る際には左右どちらの位置に飾るという決まりもないので、

自宅の玄関のバランスを考えて飾れば良いです。

 

一対のミニモダン門松

玄関周りにスペースがあまりないという方におすすめのサイズです。

青竹の3本組を中心に、正月らしい縁起の良い花や植物が植え込まれています。

さらに、来年の干支である、いぬがデザインされたピックも付いていて、

可愛らしく華やかな作りになっています。

分かりやすい説明書も付いてくるので、付け方も簡単です。

 

続いてはしめ飾りについてです。

しめ飾りを飾る位置は玄関ドアの中央というのが一般的ですが、

玄関横の壁などに吊しても問題はありません。

 

大切なのは、外からはっきりと見える位置に飾るということです。

しかし、簡易的に付けて風や玄関の開閉の際に飛ばされては、

逆に縁起が悪くなってしまうので、付け方はしっかりしておく必要があります。

最近では、玄関ドアに傷が付かないようにしめ飾りを付けることができるような、

フックがホームセンターにも多く販売されているので、活用してみるのも良いと思います。

 

正月飾り 注連飾り

1年の始まりを祝い、良い年になるようにと祈りを込めて作られた注連飾りです。

素材からこだわっており、新潟県の魚沼産のわらを使用しています。

質がとても良く、見栄えも良いことから人気商品となっています。

関連記事:神社にお参りする意味や頻度は?お賽銭の作法は?





スポンサーリンク







正月飾りはいつまで飾る?マンションでの飾り方も紹介!

お正月に飾る代表的なものを紹介していきました。

しかし、これらの正月飾りはいつからいつまで飾っておくのがいいのでしょうか。

 

飾る期間というのは、その地域によっても異なりますが、

一般的には12月28日から松の内の1月7日までです。

ただし、鏡餅に関しては、1月11日の鏡開きまで飾るのが良いとされています。

 

鏡餅やしめ飾り、門松を飾るのは、早い時期でも問題ありませんが、

29日は二重苦という語呂合わせからも縁起が悪いと言われているので、

避けた方が良いでしょう。

また、31日に慌てて飾るのもよくありません。

年の最終日に飾るということは、一夜飾りとされ、

葬儀の際に行う飾り方と同じになってしまいます。

ですから、正月飾りの準備は12月28日が一番良いとされています。

 

また、マンションやアパートにお住まいの方だと、

どこに飾って良いのか迷ってしまいますよね。

門松の場合は、本来玄関の外に置くものですが、

場合によっては玄関が共同のスペースとなっていることもあると思います。

 

そういった場合には、簡易的にはなりますが

玄関の両脇の壁に貼るタイプのものも販売されているので、おすすめです。

また、玄関の外に飾るのが難しいようでしたら、内側に飾っても問題はありません。

 

鏡餅は、玄関先の下駄箱の上やリビングに飾るのがいいでしょう。

簡易的な小さめのものも多数販売されているので、

マンションの部屋のサイズに合ったものを選んで置くと可愛らしいですよね。

 

ちりめん 鏡餅

 

ちりめんで飾る可愛らしい鏡餅です。

サイズも最大で縦16cm、横14.2cmと手軽に飾れる正月飾りです。

場所を気にせず気軽に飾れるのに、

華やかな演出と暖かい味わいを醸し出してくれる作りになっています。

本物のお餅を飾るのもいいですが、

今年はちりめんで飾る鏡餅もいいのではないでしょうか。

 

しめ飾りに関しては、小ぶりのものを選んで玄関ドアに吊るしておくのも良いです。

玄関ドアの飾りを禁止しているマンションであれば、ドアの内側に飾っておきましょう。

また、トイレなどの水場に飾るのも良いとされています。

 

鉄製のドアに付ける際におすすめのマグネット式や、テープで貼り付ける粘着式のフック、

吸盤式のフックなど、最近ではどんな玄関にも対応できるフックが販売されています。

ドアにテープを貼るのに抵抗があるという方には、リースフックもおすすめです。

ドアの上部に引っかけてフックをつくることができるので、

傷などの心配も一切ありません。

 

ドアハンガー

玄関ドアを傷つけずに簡単にしめ縄など飾ることができます。

ドアの厚さは3.7cmまで可能ですし、耐荷重は2kgまでと丈夫です。

ドアに引っかけておくだけで簡単に使用することができ、

デザインもシンプルなのが良いですよね。

穴を開けたりする必要もなく、取り付けも簡単にできるので、

賃貸マンションやアパートでも安心して利用することができます。

 

マンションにお住まいの方でも、正月飾りは楽しみたいものですよね。

気持ち良く新年を迎える準備ができると良いと思います。

関連記事:二礼二拍手一礼の読み方!なぜするの?お願い事のタイミングは?





スポンサーリンク







最後に

お正月飾りは新年の始まりを気持ち良くスタートするためにも、

ぜひ飾りたいものですよね。

マンションやアパートにお住まいの方でも、

少し工夫するだけで問題無くお正月を楽しみ、縁起良くスタートすることができます。

 

正月飾りにはそれぞれにとても奥深い意味合いがあり、

日本の伝統や風習を改めて実感することができると思います。

しっかりと決まりや意味を知った上で正月飾りを飾り、

家族みんなで素敵な新年を迎えてください。

関連記事:喪中で神社の参拝はいつまでダメ?お寺ならいいの?





スポンサーリンク






サブコンテンツ