ノロウイルスの予防法!加熱が有効?消毒方法についても詳しく解説!

冬になると心配になる感染性胃腸炎の一つ

「ノロウイルス」にかかった事はありますか?

 

免疫力の強い成人の方であれば症状も軽く

風邪かなというレベルで終わる事もありますが

できればかかりたくないですよね・・

 

今回はそんなノロウイルスの予防法には

加熱が有効?消毒方法についてなど

ノロウイルスについて詳しく解説していきたいと思います。

 

これからの季節誰もが心配になるノロウイルスを

しっかり予防して冬を乗り切りましょう!





スポンサーリンク







ノロウイルスとは?正しい予防法は?

毎年11月から1月にかけて流行する感染胃腸炎の

原因の一つであるノロウイルスは特定の治療薬や

ワクチンもないので予防がとっても大切になってきます。

 

免疫や抵抗力の弱いお年寄りや子供がかかると

嘔吐物を喉に詰まらせたり肺炎を発症したりと

命を奪われるケースもあり注意が必要です。

 

また感染力がとても強い事でも有名で

感染された方の嘔吐物などにもウイルスは

数百万から数億と言われますが10~100個程度で

感染するほど非常に強力なウイルスです。

 

ノロウイルスの症状は?

潜伏期間は1、2日ほどで主な症状は

嘔吐や吐き気

下痢

など2、3日程で回復するケースがほとんどですが

免疫の低いお年寄りや子供は注意が必要です。

嘔吐や下痢が続く場合は脱水症状にも気を付けましょう。

 

他にも以下のような症状が現れると言われます。

腹痛

頭痛

微熱(38℃以下)

倦怠感

 

また二次感染にも注意が必要です。

嘔吐物や便などにウイルスが排出される為

回復後も1~2週間は便に気を付けましょう。

 

ノロウイルスの正しい予防法は?

ノロウイルスはかかってしまうと治療薬がない為

しっかり予防して感染しないように心掛けましょう。

 

手洗いの徹底!

手洗いの徹底はノロウイルスを予防するのに一番大切です。

外から帰った後、調理の前、食事の前、トイレの後など

石鹸を使った手洗いを行う必要があります。

 

指先や指の間、しわや手首などもしっかり洗いましょう。

もみ洗いを60秒して水で15秒すすぐ

手洗いを2回繰り返して行います。

 

せっかくの手洗いならしっかりウイルスを除去しよう!

こちらの商品は殺菌・除菌をしっかりしながら

手荒れに配慮されたアミノ酸うまれの

潤い成分が配合されている嬉しいハンドソープです。

 

泡立ちも良くすすぎやすく大人気の商品です。

 

・環境を清潔にしよう!

食器や調理器具などはもちろん普段手に触れる

手すりやイス、ドアノブなど自分以外の家族が

触れる場所をしっかり除菌する必要があります。

 

配管や金属などに次亜塩素酸ナトリウムを使い

消毒をすると錆びてしまう事もあるので気を付けて下さい。

 

こちらの商品は抗菌効果が高い電解次亜塩素水を

自宅で簡単に生成できちゃいます。

 

手や指の除菌だけでなく様々な場面への消臭や

おもちゃなどの除菌にも活用できる電解次亜塩素水を

たっぷり作れちゃうコスパ最高の商品です。

 

アルコールの臭いを嫌がるお子様にもオススメで

スプレー容器に入れて持ち歩く事が出来るのが嬉しいですね。

 

健康管理をしっかりと!

 

空気が乾燥している時や外出から戻った時など

うがいをしっかり行いましょう。

 

またマスク着用の習慣をつけるなど

健康管理をしっかりと行う事が大切です。

 

マスクは携帯に便利で衛生的な個別包装がオススメ!

こちらの商品は極細繊維フィルターが

採用されているのでウイルス・細菌を99%カット!

 

口元ゆったりの立体プリーツを採用しているので

呼吸のしやすい構造が嬉しいです。

 

汚物や嘔吐物の処理はしっかりと!

 

ノロウイルスは乾燥すると空気感染してしまうので

汚物や嘔吐物の処理は早めに行いましょう。

感染経路を絶つためにしっかりと行わなければいけません。

 

<嘔吐物の処理>

・嘔吐がついてしまった衣類は捨てるものは

新聞紙に包みポリ袋に入れしっかり封をする

 

・捨てない衣類はキッチンペーパーなどで嘔吐物を

排除しポリ袋などに入れ封をしてから

消毒液に30分浸けた後洗濯をする

 

・床へ嘔吐してしまった時はキッチンペーパーで

すくうようにして取ったものをポリ袋に入れ消毒液を散布後捨てる

拭き取った床は消毒液をかけしっかりと拭く

 

その際意外にも広範囲で広がっていると考え

汚れた部分だけでなく広い範囲で消毒をして下さい。





スポンサーリンク







ノロウイルス予防、加熱が有効?

ノロウイルスをやっつけるには加熱が有効です。

 

食中毒とは異なるウイルスですので

加熱をする事で予防の「消毒」になります。

 

感染予防には体内にウイルスを入れない事が

大切になってきますのでノロウイルスが

体内に侵入する事を防ぐために

食品の加熱が有効という事です。

 

厚生労働省の情報からみると食品中心部の温度が

85度~90度以上で90秒以上の加熱が推奨されています。

 

ノロウイルスが感染しやすい食材として

二枚貝(牡蠣、アサリ、しじみ、ハマグリなど)に気を付けましょう。

関連記事:ノロウイルスを消毒できる市販のスプレーでおすすめはコレ!





スポンサーリンク







ノロウイルス対策!消毒方法は?

ノロウイルスの場合予防対策として

様々な場面への消毒が必要になってきます。

 

食品への消毒、日々よく手に触れるものなどを

必ず消毒しておきましょう。

 

消毒方法としては加熱処理または消毒液を使った

消毒方法の2種類を実践していきます。

 

加熱による消毒方法

一般的にウイルスは85度で60秒以上加熱する事により

ウイルスの活性化を抑える事が出来ると言われています。

 

上記でもお伝えした通り二枚貝などが

ノロウイルス感染しやすいとされているので

生で食べる事は避け中心部が85度~90度以上、

なおかつ90秒以上の加熱を行います。

 

またこれらの食材を調理した器具や食器なども

消毒が必要になってきますので洗った後に

沸騰したお湯を1分程かけ消毒をしていきましょう。

 

消毒液を使った消毒方法

消毒と聞くアルコール消毒が主流になってきていますが

ノロウイルスの場合アルコール消毒が効く

「エンベロープ」という脂質膜がない為

アルコール消毒では効果が薄いとされています。

 

その為次亜塩素酸ナトリウムが含まれる

消毒液が必要になってきます。

 

ノロウイルスにはキッチンハイターを使った消毒液が有効で

これはご家庭で簡単に作る事ができます。

 

掃除に使う消毒液

1空の2Lペットボトルに半分水を入れる

2キッチンハイターをキャップ2杯分、1に入れる

3よく混ぜてペットボトルを

こぼれない位まで水を入れる

 

嘔吐物に使う消毒液に関してはもう少し

濃度が高めの消毒液が必要になってくるので

キッチンハイターの量をキャップ8杯分に

濃くしたものを作っておくといいですよ。

 

しかし塩素が抜けてしまうので基本的には使い切りの

消毒液になることを覚えておいて下さい。

 

保存期間が長くそのまま使える消毒液はコチラ!

食品に直接振りかけて使える「食品添加物殺菌料」で

どんなご家庭でも安心して使う事が出来ます。

 

赤ちゃんがいる家庭は調理器具などの

消毒に限らずこちらで普段の掃除や消毒も行うと

より安心した環境づくりができる事間違いなしですね。

関連記事:ノロウイルスで頭痛の症状が続くときの対処法は?ロキソニンなどの頭痛薬は効果ある?





スポンサーリンク







最後に

今回はノロウイルスについて予防法をご紹介しました。

これからの季節とっても大切になっていきますが

いかがでしたでしょうか?

 

加熱や消毒液などはノロウイルス予防策として

とっても大切なことになってきますので

ぜひ今日からでも実践して頂けたらと思います。

 

ノロウイルスは特効薬がなく予防のワクチンもない為

私たちが生活の中で予防していくしかありません・・

 

家族が一人なると一家全滅と言われるほど

感染力が強いのでそれを避けるためにもしっかりと

ノロウイルスの予防法を行い寒い冬を乗りきりたいですね。

関連記事:ノロウイルス感染後食事はいつから?ヨーグルトやゼリーがいい?





スポンサーリンク






サブコンテンツ