ノロウイルスを消毒できる市販のスプレーでおすすめはコレ!

冬になると一気に感染者が増えるノロウイルス。

激しい腹痛や嘔吐などの症状も充分驚異的ですが、

一番恐ろしいのは、嘔吐物などから空気中に飛散したウイルスによる二次感染です。

 

家族一人だけがノロウイルスに感染したとしても、

その後の家の中での対処を誤ると、

家族全員がノロウイルスの被害を受けてしまうなんてこともありえます。

 

そこで今回は、ノロウイルスを消毒する方法と、

市販の殺菌スプレーのおすすめを紹介していきます。

感染してから対策を考えていては遅いです。

ぜひ、この機会に押さえておきましょう。





スポンサーリンク







ノロウイルスの特徴

ノロウイルスは11月頃から流行がはじまり、

12月~2月に感染者のピークを迎えます。

 

老若男女を問わず感染するのも特徴で、

ホテルなどの人が集まる場所で爆発的な集団感染を引き起こすことも珍しくありません。

また、長期免疫がつかないため、何度でも感染してしまうのが恐ろしいところです。

 

加えて、ノロウイルスは熱や乾燥に比較的強く、

数十個という僅かな数のウイルスでも感染・発症するという強い感染力も特徴です。

加えて、一般的に普及しているアルコールによる消毒に対する抵抗力があります。

最近ではノロウイルスにも消毒効果のある「酸性アルコール」という消毒剤もありますが、

基本的には塩素系消毒液と加熱による消毒で対応する必要があります。

 

キッチンパンチ

こちらの消毒スプレーには酸性アルコールが使用されており、

ノロウイルスやアデノウイルスなど、

従来のアルコール消毒では効かなかったウイルスにも

消毒効果を発揮するアルコール消毒剤になります。

まな板や包丁などのキッチン用品の消毒におすすめです。

 

また、ノロウイルスは、感染者との接触や、嘔吐物、便などからの

ウイルスの飛散が主な感染経路になります。

そのため、感染者が近くで嘔吐した場合には、

嘔吐物が乾燥するまえに素早く片付けて、その周囲や空間の消毒をする必要があります。

 

事前に消毒の仕方や消毒剤の用意をしておき、

シミュレーションしておくとスムーズに対応できると思います。





スポンサーリンク







ノロウイルスの消毒の方法

ノロウイルスの消毒の方法には大きく二つあります。

一つは、市販の塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)による消毒、

もう一つは加熱消毒です。

 

ノロウイルスの感染拡大を防ぐには、

正しい消毒法を身につけて実践することが大切になります。

ここからは代表的な2つの消毒法について、詳しく解説していきます。

 

①塩素系漂白剤によるノロウイルスの消毒法

ノロウイルスの消毒に特化した市販のスプレータイプのものであれば、

それを消毒したい部分に吹きかけるだけでOKです。

 

しかし、一般的にキッチンや白物衣類で使用される塩素系漂白剤を使うとなると、

用途に合わせて希釈する必要があります。

ただ市販の製品それぞれで次亜塩素酸ナトリウムの濃度が異なるので、

まずはそれをチェックしましょう。

ちなみに、5%程度のものが多いかと思います。

 

1000ppm(0.1%)に希釈すると、濃いめの消毒液ができ、

嘔吐物や便中のノロウイルスの感染性を直接なくすことができます。

具体的には水1Lに対してキャップ1杯弱(20ml)を入れれば完成です。

 

200ppm(0.02%)に希釈すると、薄めの消毒液ができ、

汚染箇所の拭き取りや食器、布類の付け置きをすることができます。

具体的には水5Lに対してキャップ1杯弱(20ml)を入れれば完成です。

 

子供のおもちゃやドアノブなど、

ウイルスが付着しやすく他の方も触れやすい場所は

特に症状が出ていなくても定期的に消毒しておくのが

ノロウイルス感染の予防として効果的なのでおすすめです。

 

注意点としては、希釈しているとは言えこの消毒液は塩素系なので

強い酸性の洗剤と混ぜると有害ガスが発生してしまうということです。

生命に関わるほど非常に危険なので、取り扱う際は慎重に行いましょう。

 

また、次亜塩素酸ナトリウムは長期保存しておくと濃度が下がり

消毒効果が低下してしまうので、使用するときにその都度希釈するようにしましょう。

 

②加熱消毒

加熱消毒の目安としては、85度以上の熱で90秒以上加熱するということ。

熱湯に漬けたり、スチームアイロンで加熱を続けるなどの方法がありますが、

広範囲の消毒にはあまり向きませんし、火傷の危険もあります。

生牡蠣を処理したあとの包丁やまな板などの消毒法としておすすめです。

 

カーペットや洋服など、漂白剤による色の変化が困るといった場合には

アイロンなどを利用して加熱消毒をすると良いでしょう。

関連記事:ノロウイルスで頭痛の症状が続くときの対処法は?ロキソニンなどの頭痛薬は効果ある?





スポンサーリンク







ノロウイルスを消毒できる市販のスプレーのおすすめを紹介!

消毒のたびに漂白剤を希釈して消毒液を作るのは面倒ですよね。

そこでおすすめなのが、市販のスプレータイプの消毒液です。

濃度の調節も必要なく、消毒したいところに吹きかけるだけで済むので簡単です。

 

ウィルバス

塩素系の漂白剤は殺菌力が高い反面、希釈が必要だったり

金属腐食性や漂白性のために、使用できる場面が限られてしまうこともあります。

 

しかし、こちらのウィルバスは使用する条件をほとんど選ぶことがありません。

包丁や衣類、空間、なんでもOKです。

消毒対応しているウイルスも、ノロウイルスやインフルエンザを始めとして、

実に20種類近くのウイルス・細菌に殺菌効果を発揮します。

 

また、食肉や生野菜、魚などに直接スプレーすれば、

食中毒のリスクを一気に減らすことが可能になります。

少し抵抗があるかもしれませんが、匂いも味もないので安心してください。

お弁当など、調理から食べるまでの時間が空くものほど、

こういった市販スプレーを利用するのがおすすめです。

 

K Blanche

ノロウイルスを始めとする冬に流行するウイルスは、

アルコールによる消毒が効きにくいものが多くあります。

とはいえ、塩素系や刺激の強い除菌剤は

お子様がいる家庭では少し使いにくいと思う方も少なくないはずです。

 

K Blancheは、キューピーが開発した食品由来の消毒スプレーになります。

卵から生まれたノロクリアプロテインという消毒成分が

子供たちには安全に、ウイルスたちには十分な殺菌効果を発揮します。

食品にかかっても問題なく、

キッチンや食卓などでも使いやすいのでおすすめです。

 

Dr.サポート

ノロウイルス、インフルエンザウイルス、大腸菌、O-157、黄色ブドウ球菌など、

私たちの身近に存在するウイルスをしっかり除菌してくれる消毒スプレーです。

 

次亜塩素酸水という食品添加物にも指定されている、

安全で強力な消毒成分をメインにしており、

銀イオン、センダンエキスの抗菌力がそれをサポートしています。

ちなみに、超音波加湿器を使用して空気中に散布すると、

お部屋の空間除菌も可能という優れものです。

 

ノロクロン

アルコール製剤では消毒殺菌が困難なウイルス類でも、

99.99%以上を死滅、不活性化することが可能な消毒スプレーになります。

市販のノロウイルス消毒スプレーの中ではトップクラスの殺菌力を誇ります。

殺菌力で選ぶならこちらのスプレーがおすすめです。

関連記事:ノロウイルス感染後食事はいつから?ヨーグルトやゼリーがいい?





スポンサーリンク







最後に

いかがでしたでしょうか。

自宅でノロウイルスの消毒をするのは、難しいと思っていた方も多いはず。

確かに、漂白剤を希釈したり熱湯をたくさん用意したりするのは大変ですが、

市販の消毒スプレーを利用すれば簡単にノロウイルスの殺菌が可能です。

 

これからノロウイルスの流行の季節を迎えます。

家族や職場での集団感染を防ぐためにも、

事前にしっかり準備をしておきましょう。

関連記事:ノロウイルスと胃腸炎の違いや症状は?食べ物は何がいい?





スポンサーリンク






サブコンテンツ