果物アレルギーの症状や治療は?加熱で対処できる?

最近、果物アレルギーという言葉をよく聞くようになりました。

果物アレルギーとは、

特定の果物を食べる事でアレルギー反応が出てしまう症状の事を言います。

 

でもアレルギーのあるものでも加熱したら、

なんとなくアレルギーを引き起こす物質が消えて大丈夫そうな感じがしますよね。

実際加熱したら、果物アレルギーでもその果物を食べて大丈夫なのでしょうか。

 

ここでは果物アレルギーの症状や治療法、

果物アレルギーでも果物を安全に食べられる対処法として

加熱はどうなのかなどを詳しく説明します。

 

果物アレルギーについて気になる方は、ぜひ参考にしてくださいね。





スポンサーリンク







なぜ果物アレルギーになるの?

アレルギーというのは現在よく聞く言葉ですよね。

 

花粉アレルギー、金属アレルギー、ハウスダストアレルギーなど

今では色んな種類のアレルギーが発見されています。

その中で、果物を食べた時に発症するアレルギーを果物アレルギーと言います。

 

果物と言えば子供でも食べられる優しい食品というイメージですが、

ある特定の人が食べるとアレルギーを引き起こし、

場合によっては命の危機に陥る事もあります。

 

では、なぜ果物アレルギーは発症してしまうのでしょうか。

実は、果物アレルギーは花粉症に関係していると考えられています。

 

どういう関係かというと、花粉症を発症した方は

同時に果物アレルギーも発症しやすいという事なんです。

 

まず一口に花粉症と言っても、

原因はスギやマツ、ブタクサなど色んな植物があり、

どの植物に反応するかは個人によって様々です。

 

それらの色んな花粉の分子構造が

ある特定の果物のタンパク質の構造と非常に似ている為に、

体が果物のタンパク質まで花粉だと勘違いして

果物を食べてもアレルギー症状を引き起こすのです。

 

このように全く別の物質でもその物質のタンパク質の分子構造が似ている為に

体が反応してしまう事を、交差抗原性と言います。

 

実際、ある特定の植物と特定の果物アレルギーが重なっている患者は多く、

例えばブタクサの花粉症を持つ人は

果物の中でも特にメロンやスイカの果物アレルギーを持ちやすいなどの特徴がみられます。

 

これは、メロンやスイカが持つタンパク質の分子構造が

ブタクサの花粉の分子構造と似ている為に起こるのです。

 

ですから現在花粉症を持っていて果物アレルギーは発症していない方は、

果物を食べる時は少し注意しておいた方がよいかもしれませんね。





スポンサーリンク







果物アレルギーの症状と治療法は?

では果物アレルギーを発症すると、どんな症状が出るのでしょうか。

果物アレルギーの主な症状は、「口腔アレルギー症候群(OAS)」と呼ばれています。

これは、特定の果物を食べた後に「唇が腫れる」「喉が痛くなる」という症状です。

 

アレルギーというと全身に発疹が出たり、呼吸困難に陥るという症状もありますが、

果物アレルギーでは多くの場合アレルギー反応は全身までは回らず、

口周りのみに発症します。(勿論、全身に症状が出る方もいます)。

 

唇が腫れたり喉が痛くなるだけなら大したことないじゃん、と思いがちですが、

どちらも弱い器官なので少しの刺激でもかなりの痛みが出ます。

 

特に喉が痛くなると声も出しにくくなりますし、

唇が腫れたら見た目が変わり人に心配されてしまいますから

地味に日常生活に響いてきてしまいます。

 

それに、多くの方はそのような軽い症状で済みますが、

中には重篤な症状に陥る方もいます。

 

では、果物アレルギーの治療法は何かあるのでしょうか。

果物アレルギーのメジャーな治療方法は経口減感作療法というものです。

 

これは、果物アレルギーを引き起こす原因の果物をほんの少しずつ食べて

体を慣らす事によって、アレルギー反応を弱くしていくという治療になります。

 

ただこれは、アレルギーを引き起こす食品を自ら口に入れるという危険な方法ですから、

医師の指導の下で行うのが絶対な治療方法です。

自己流では絶対にしないようにしましょう。

果物を加熱すれば、果物アレルギーでも大丈夫?

生の物はダメでも、熱すれば食べられる食品ってたくさんありますよね。

 

例えば今の日本人の多くがおかずとして常食している肉や魚もそうですし、

少し傷んだものも火をかけたら大丈夫、という事も多いです。

 

ですからなんとなく、そこまで傷んだりしていなければどんな食べ物でも

「熱を加えたら安全」というイメージがありますよね。

 

ですから果物の場合も、例え果物アレルギーがあっても

加熱すれば食べられそうな気がしまいます。

 

特にジャムなどは砂糖と一緒にかなり長い時間

グツグツと煮るので安全そうですよね。

 

はたして実際はどうなのでしょうか。

 

実は、加熱すれば安全になる果物もあります。

 

先ほども説明した通り、アレルギーを引き起こすのは果物に含まれる

あるタンパク質の分子構造が原因です。

 

タンパク質は熱を加えると分子構造が変化するものがあるので、

熱が入ったことにより元の分子構造とは全く別物になり

アレルギーが起きなくなるものもあります。

 

ですが当然、熱を加えても変化しないタンパク質もあります。

その場合、例え加熱した果物でもしっかりアレルギー反応が出てしまいます。

ですから、果物は例え加熱しても100%大丈夫という事はありません。





スポンサーリンク







果物アレルギーの対処方法は?

果物アレルギーの対処方法として一番無難なのは

「果物アレルギーを引き起こす果物を食べない」です。

 

果物アレルギーが出る人にとって果物は「毒」に他なりません。

 

食べる度に体は傷つきますし

「食べ続けたら慣れる」という事は絶対にありませんので、

医師の指導の元以外では食べないのが一番です。

 

もし果物アレルギーを持っていなかったり特に自覚していなかったりしても、

その果物を食べる事でなぜか毎回口が痛くなる場合は、

その果物は避けた方が良いですね。

 

では、もし間違って果物アレルギーのある果物を食べてしまった場合は

どうすれば良いのでしょうか。

 

もし飲み込む前だったら、吐き出してしまいましょう。

 

すでに食べてしまった場合は、

病院から薬を処方されている場合はその薬を飲んだり、

症状がひどくない場合は安静にしておくのが良いですね。

 

どちらにせよ、後でちゃんと病院に行って体の具合を診断してもらいましょう。

 

アレルギー反応は呼吸困難を起こす場合もありその時は最悪命を落とすこともあるので、

もし症状がきついなと思ったら、迷わずすぐに病院へ行ってください。

果物アレルギーにオススメグッズ①

果物アレルギーは、発症してしまうとなかなか治すのが難しい病気です。

ですから、果物アレルギーを発症させないというのが大事になります。

 

果物アレルギーは花粉症になる事がきっかけでなる事が多いので、

まずは花粉症にならないようにしましょう。

 

そこで大事なのが、花粉をできるだけ体に取り込まない事です。

花粉症は、花粉をたくさん体に取り込んでしまうと

ある日突然なってしまいます。

 

ですから、花粉症の症状が出ていなくても、花粉を避ける事が花粉症の予防になります。

 

花粉は主に鼻や口から入ってきますから、

花粉が多い時期はマスクをして出かけるのが良いでしょう。

 

そこでオススメなのが、こちらの立体型のマスクです。

この立体マスクはもともと花粉症の方にも使えるマスクなので、

鼻や顎にしっかりフィットして、しっかり花粉から顔をガードしてくれます。

 

もし花粉の多い時期に花見や森林浴などで植物のたくさんある所へ出かける時は

花粉症でなくてもぜひこちらのマスクをつけて外出する事をオススメします。

関連記事:ぶどうアレルギーの症状は?咳やじんましんが出る?検査方法は?

果物アレルギーにオススメグッズ②

こちらも花粉症を防止させるグッズです。

実は花粉症は、遺伝要素が強い病気でもあります。

 

現在花粉症を発症していない方でも、

親や祖父母が花粉症だと花粉症になりやすいと言えます。

 

花粉症になると果物アレルギーになる確率が上がりますから、

果物を生涯おいしく食べ続ける為にも

花粉症にならないように対処する事がとても重要です。

 

こちらのグッズは、静電気を発生させないスプレーです。

なぜこれが花粉症と関係があるのかというと、

体や服に静電気が起こるとホコリがくっつきますよね。

 

実はそれはホコリだけでなく、花粉も吸い寄せてしまうんです。

特に外でついた花粉が静電気でしっかり付着してしまうと

服についたまま花粉が家にまで入り、

室内なのに常に花粉に触れている状態になってしまいます。

 

花粉に触れる機会が多いとそれだけ花粉症を発症する確率が上がりますから、

これはとても危険です。

 

ですが、出かける前に服や頭にこのスプレーをすれば静電気が発生しませんので、

花粉がくっついて離れないという事はありません。

家に入る前に簡単に服を叩けば花粉は落ちます。

 

家に花粉を持ち込ませたくない方は、

ぜひこのスプレーを使って花粉症予防の対処をしてくださいね。

関連記事:梨アレルギーで腹痛・喉のイガイガ・蕁麻疹が出る?治し方は?





スポンサーリンク







最後に

果物アレルギーはやっかいで、その果物を加熱したとしても

アレルギー反応を起こす場合もあります。

 

ですから、果物アレルギーを発症したら

対処法としてはできるだけその果物は避けるようにしましょう。

 

このように果物アレルギーになると

果物が自由に食べられなくなりますから、

まずは果物アレルギーを発症させないのが大切です。

 

それには、果物アレルギーのきっかけとなる花粉症をマスクなどで

予防することが重要になります。

 

もしすでに果物アレルギーになってしまった方でも、治療法はあります。

果物アレルギーと正しい付き合い方をして、健康に過ごしましょうね。

関連記事:トマトアレルギーで舌がピリピリ痛い!加熱すれば大丈夫?





スポンサーリンク






サブコンテンツ