ノロウイルスで頭痛の症状が続くときの対処法は?ロキソニンなどの頭痛薬は効果ある?

ノロウイルスの症状といえば、激しい腹痛、下痢、嘔吐を思い浮かべると思いますが、

実は発熱や頭痛という症状も伴うこともあり、

そのせいで風邪やインフルエンザだと勘違いしてしまうこともあります。

 

特に大人の場合に頭痛の症状が出ることが多いと言われていますが、

小児で頭痛が起きないというわけでもありません。

 

腹痛、嘔吐も大変ですが、頭痛の症状が続くのもやはり辛いですよね。

今回は、ノロウイルスで頭痛が生じる原因と、その対処法について紹介していきます。

 

ロキソニンなどの頭痛薬を飲んでも良いのか、という疑問にも触れていきます。

いざというときのために、しっかり覚えておきましょう。





スポンサーリンク







ノロウイルスで頭痛の症状が続く原因は?

そもそも頭痛が起こるメカニズムとしては、

脳の血管が拡張することでその周囲の神経を圧迫してしまうことが原因です。

ノロウイルスで何度も嘔吐を繰り返しているうちに、

頭に血が上り、血圧が高まってしまうのです。

 

ノロウイルスに限らず、人は何かのウイルスに感染すると

それを撃退しようと発熱によって身体の免疫力を高めます。

 

そして、免疫細胞である白血球が大量に血管を流れていくのですが、

その時血流を良くするために血管が拡張します。

この拡張によって脳の周りの神経を刺激することで、頭痛の症状が出ます。

 

また、ノロウイルスによる頭痛症状の原因としては脱水も多いです。

嘔吐や下痢によって体内の水分を失ってしまうと、血の巡りが悪くなります。

すると体中に酸素が行き渡りにくくなり、

一番低酸素に弱いとされる脳が最初に異常を訴え始めます。

これが、ノロウイルスによる頭痛の原因です。

 

一般に、体内の水分が4~5%失われると頭痛の症状が起こると言われています。

ノロウイルスに感染したときは、なるべく大量の水分を補給することが必要なのです。

 

経口補水液 OS-1

脱水症状を抑えるには水分補給が大切ですが、

ただの水道水ではミネラルや糖分が不足し、身体の電解質バランスが崩れてしまいます。

こちらの経口補水液OS-1は、人間の体内バランスを考慮した飲料水で、

軽度から中等度の脱水症状の緩和に適しています。

医師による食事療法の中でも使用されるもので、効果の信頼性も高いです。





スポンサーリンク







ノロウイルスによる頭痛症状が続くときの対処法は?

ノロウイルスには効果的なワクチンがありません。

初期に病院に駆け込んだとしても、点滴などの対症療法を受けるしかありません。

従って、ノロウイルスによる頭痛症状が続くときの対処法としても、

薬以外での対症療法がメインになります。

 

まずは、既に挙げた水分補給が一番大切です。

胃腸に負担を掛けないように常温にした水分を少しずつ飲むようにしましょう。

もちろん、病院で点滴を受けるというのも脱水の対策としては効果的です。

 

他にも自宅で可能なノロウイルスによる頭痛症状の対処法を紹介していきます。

 

音や光、考え事を避ける

脳の神経を落ち着かせるというのも効果的な対処法です。

音や光は脳に刺激を与え、神経を活発化させてしまうので、

可能な限りシャットアウトしましょう。

スマホやパソコンのブルーライトも刺激が強いので、

静かで少し照明を落とした場所で療養するのが良いでしょう。

 

また、ストレスや考え事のような脳に負担を掛ける行為も避けましょう。

何も考えず、身体を休めることだけに集中することが大切です。

気持ちを落ち着かせるアロマなどを使用するのも効果的な対処法です。

 

アロマストーン

石に好みのアロマオイルと垂らすだけで使えるので、

非常に楽にアロマを体験できます。

火も電力も使わないので、子どもが近くにいても安心です。

手のひらサイズなので置き場所にも困らず、持ち運びも簡単です。

 

オイルがゆっくり揮発するので、石を置いた周りだけで香りを楽しめます。

強い香りは逆に頭痛症状を助長するので、こちらのアロマストーンのような

さり気ないアロマの香りを使って癒やされると良いでしょう。

 

脳の血管の拡張を押さえる

痛みのある部分を冷やしてあげるというのも対処法として挙げられます。

首の後ろや脇など、太い血管が体表に近いところを走っている部分を冷やすのも良いです。

解熱剤で身体を冷やすのも時には効果的ですが、

素人判断で飲んでしまうと思わぬ副作用が起こる場合もありますので、

必ず医師の診察を受け、処方された解熱剤を正しく服用しましょう。

 

クールネックタオル

首を冷やすときには、直接保冷剤が触れると冷えすぎてしまいますので、

このようなネックタオルを使うのがおすすめです。

片方が輪になっているのでズレにくく、寝たまま使用してもストレスがありません。

また、発熱によりかいた汗を吸ってくれます。

保冷剤を入れるポケットも3つついているので、

広範囲を冷やすことが可能です。

関連記事:ノロウイルス感染後食事はいつから?ヨーグルトやゼリーがいい?





スポンサーリンク







ノロウイルスの頭痛症状にロキソニンなどの頭痛薬を使っても良い?

頭痛が長く続くと、ロキソニンなどの市販の頭痛薬を使いたくなると思います。

しかし、安易な市販頭痛薬の使用は避けるのが賢明です。

特に、副作用に「胃腸障害」とある頭痛薬は厳禁です。

ノロウイルスの症状の主体は、あくまで胃腸だからです。

 

ただでさえ極度の負担を強いられている胃腸に、

胃腸に負担をかけるロキソニンなどの頭痛薬は危険が伴います。

 

ちなみに同じように頭痛を起こすインフルエンザの場合では、

ウイルスの症状の主体は呼吸器なので、ロキソニンなどの頭痛薬の使用はOKです。

 

ただ、頭痛の症状だけでウイルスの正しい判断は素人には困難ですので、

ロキソニンなどの頭痛薬を使う前に、必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

診察の際に頭痛の症状がひどいと伝えれば、適切な頭痛薬を処方してくれるはずです。

 

どうしても医療機関に行く時間が無く市販頭痛薬で対応したいという場合には、

アセトアミノフェン、カロナールという成分が胃腸に負担をかけにくいのでおすすめです。

 

タイレノールA

ロキソニン(ロキソプロフェン)などの頭痛薬に比べて、

副作用が少なく効果が穏やかとされるアセトアミノフェンが配合された頭痛薬です。

妊娠中などでも処方されることもあるもので、安全性が高いのが特徴です。

ただし、全く副作用がないというわけでなく、効果にも個人差がありますのでご注意下さい。

 

ビタトレール クイックA錠

こちらも、アセトアミノフェン配合の非ピリン系解熱鎮痛薬です。

他にも有効成分が入っているので、効果を発揮する可能性は高まりますが、

副作用のリスクも若干高いです。

 

 

ただし、素人判断で市販の頭痛薬を使うのは最終手段と考え、

まずは水分補給をしながら安静にしていることを第一としましょう。

 

いつまでも頭痛症状が続く、より頭痛症状が酷くなっていくという場合には、

しかるべき医療機関を受診し、適切な頭痛薬の処方を受けましょう。

間違っても、安易な気持ちでロキソニンなどの頭痛薬を服用してはいけません。

関連記事:ノロウイルスと胃腸炎の違いや症状は?食べ物は何がいい?





スポンサーリンク







最後に

ノロウイルスは強い腹痛や嘔気などが続くことが知られているので、

頭痛が起こると別のウイルスなのでは、と思ってしまうこともあります。

しかし、頭痛もノロウイルスのれっきとした症状の一つです。

 

まずは、失った水分を電解質と一緒に補給し、

刺激の少ない環境で可能な限り安静にしましょう。

 

安易にロキソニンなどの頭痛薬、解熱剤を服用することは

身体にとって逆効果である場合もありますので避けましょう。

どうしても薬に頼りたいと思ったときは、

先に医療機関を受診しておくと安心でしょう。

関連記事:ウイルス性胃腸炎で仕事復帰までの期間は?診断書についても詳しく解説!





スポンサーリンク






サブコンテンツ