rsウイルスのピークは何日目?熱や咳はいつまで続く?うつる期間は?

日本ではほとんどの子どもが感染したことのあるrsウイルスですが、

症状のピークが何日目にくるのか、熱や咳がいつまで続くのか

あまり詳しくは分からないという方も少なくありません。

 

また、うつる期間がいつまでかということも正しく把握しておかないと

繰り返しrsウイルスに感染してしまう原因になります。

 

そこで今回は、rsウイルスについて詳しく解説していきます。

rsウイルスは乳幼児では重症化するケースも多く、

現在子育て中という方には特に押さえておいて頂きたい内容になっています。

是非参考にしてください。





スポンサーリンク







rsウイルスの症状は?熱や咳はいつまで続く?

rsウイルス感染症は、毎年冬に流行のピークを迎える感染症です。

具体的には、9月頃から感染者が増え始め、

11月から1月にピークを迎えます。

 

症状としては、発熱、乾いた咳、鼻水が数日続くというもので、多くは軽症で済みます。

他にも数百種類に及ぶウイルスが似た症状を起こすので、

rsウイルスに感染していてもただの風邪だと考えられて

気づかないまま治ってしまう場合もあるほどです。

 

7割ほどがただの風邪のような微熱と咳で済み、

そのほとんどの例で、最長10日ほどで熱も咳も治まってきます。

 

残りの3割では「呼吸が浅くなる」「ゼーゼーと鳴る咳」「痰が詰まる」などの症状が現れ、

場合によっては、肺炎や細気管支炎のよう重い病態に陥ることもあります。

特に生後6ヶ月以内の乳幼児の場合には悪化しやすく、

その中でも生後1ヶ月未満では診断が困難な場合も多く、

突然死に繋がる無呼吸発作に繋がることもあります。

 

ただ、日本では生後1歳までに半数以上が感染し、

2歳までにはほぼ100%が感染するという、

最もポピュラーなウイルスであるということも知っておいて下さい。

rsウイルスに感染してしまったからと言って、過度に心配する必要はありません。

 

ただし、rsウイルスは抗体ができにくく、繰り返し感染してしまうことが多いので、

一度かかったからうちの子は大丈夫だ、などとは考えないようにしてください。

毎年、流行のピークを迎える冬場には細心の注意を払う必要があります。

 

ただ、繰り返し感染していくことで徐々に免疫を獲得していくので、

感染する度に徐々に軽症化していくのが一般的です。





スポンサーリンク







rsウイルスのピークは何日目?うつる期間は?

rsウイルスの潜伏期間は2~8日(主に4~6日)とされ、

この間は保菌者ではあるが症状は出ていないので、人にうつりやすい期間と言えます。

 

また、何日目が症状のピークかと言うと、

発症してから2日程度で症状のピークを迎え、一般的には1週間~12日程度で治ります。

入院するほどの症状に至った場合でも3~4日ほどで改善が見られます。

 

ただ、人によっては症状のピークにもばらつきがありますので、

今は何日目だから…などとは考えずに、常に安静を保つようにしましょう。

 

うつる期間として注意するべきなのは、熱や咳症状が出ているときはもちろんのこと、

潜伏期間である2~8日間、そして熱や咳の症状が消えてから3週間続く排菌期間です。

 

rsウイルスは症状が治まったとしても、

しばらくはうつる期間であるということを覚えておきましょう。

特に、小さいお子様がいる家庭では、

自分が感染してしまったときに注意をする必要があります。

 

ただ、似たような症状を起こすウイルスが他にもたくさんありますので、

現在の症状がrsウイルスによるものだと自分で確信するのは困難です。

怪しい、と感じたら速やかに医療機関を受診して、

rsウイルスに感染しているかどうかを診断してもらいましょう。

 

以下に目安となる症状をまとめたので、

一つでも当てはまった場合には医療機関を受診しましょう。

 

38℃以上の発熱がある

呼吸が浅く、1分間に60回程度の呼吸数

ゼーゼーとなる咳が出る

痰が詰まる

発症後数時間で急にぐったりする

 

このような症状はrsウイルス以外にも見られますが、

どちらにしても放っておけばすぐに治るという症状ではありませんので、

医療機関を受診するのがお勧めです。

 

ただ、そこまで重症化していなければ自宅療養でも十分治療可能なウイルスです。

なるべく周りにうつさないよう接触を控え、

十分な水分と栄養を摂って安静にしていましょう。

もちろん、いつまでも症状が治まらない場合には受診をしましょう。

 

マスク

感染を防ぐためにも、感染してしまったときにまわりにうつるリスクを軽減するにも、

とにかく基本となるのはマスクの着用です。

こちらのマスクは特殊制電フィルターによって、ウイルスの飛沫をカットします。

 

60枚入りで721円とコストパフォーマンスも良いですし、

マスクは基本的に1日使い切りが望ましいので、

このぐらい大容量なものを買っておくと安心です。

耳紐も柔らかくノーズフィッターもあるので、長く付けていても負担になりません。

 

経口補水液 OS-1

風邪症状のときの水分補給に最適なのは、こちらの経口補水液です。

ただの水だけではミネラルなどの電解質が失われてしまいますし、

スポーツ医療では糖分の取り過ぎにもなってしまうおそれがあります。

 

OS-1は身体に必要な最適なバランスを考えて作られているので、

脱水症状の予防として非常に効果的です。

ちなみに、OS-1は医療機関でも利用されていることがあります。

関連記事:足の親指の爪が黒いのはメラノーマ?黒い点や線・痛みについて解説!





スポンサーリンク







rsウイルスの感染を予防するには?

rsウイルスに効果のあるワクチンは存在しません。

また、治療薬も特殊なもので一般的には使用されず、

熱や咳などを抑える対症療法がほとんどになります。

そのため、とにかくrsウイルスに感染しないようにすることが大切なのです。

 

ここからはrsウイルスの感染を予防する方法を紹介していきます。

特に乳幼児のいる家庭では徹底して行って頂きたいところです。

 

①手洗いを徹底する

rsウイルスは感染力が非常に強く、

ウイルスがおもちゃなどに付着しても7時間ほどは感染力を持っていると言われています。

とにかく手に付いたウイルスをなるべく生活圏内に持ち込まないということが

大切になりますので、手洗いを徹底しましょう。

 

消毒用アルコール

手洗いと同時に、アルコールでの消毒が非常に有効です。

rsウイルスだけでなく、様々なウイルスを殺菌することができるので、

一家に一台は消毒用アルコールを置いて、こまめに手指消毒をするのがおすすめです。

 

こちらの消毒用アルコールは医療機関でも導入されているもので、

安全性も非常に高いです。

子どもと一緒に手指消毒を実践して、rsウイルスを撃退しましょう。

ガーゼなどに出して、ドアノブやおもちゃなどを拭くのも予防には効果的です。

 

②人混みは避ける

人の集まるところには、rsウイルスを始めとして様々なウイルスが存在します。

不用意に人混みに近づくようなことは避けるのが賢明です。

保育園などもある意味ではrsウイルスの温床と言えるでしょう。

 

保育園などをむやみに休むのは難しいですが、

園内での感染症情報にはしっかりとアンテナを張っておきましょう。

関連記事:ノロウイルス感染後食事はいつから?ヨーグルトやゼリーがいい?





スポンサーリンク







最後に

rsウイルスは、ほとんどが軽い風邪に似た症状になるので、

医療機関を受診するという方は少ないです。

ただし、乳幼児の感染には注意が必要ですので、

子どもがいる親の風邪様症状、子どもの調子が悪い、という場合には

ためらわずに医療機関を受診することをおすすめします。

 

子どものためにも、rsウイルスに対する正しい知識を持って、

重症化するケースを可能な限り減らす努力が必要なのです。

関連記事:ウイルス性胃腸炎で仕事復帰までの期間は?診断書についても詳しく解説!





スポンサーリンク






サブコンテンツ