風水でドレッサーの位置や向きなどの置き場所は?寝室に置くのがいい?

ドレッサーとは、鏡付きの台で主にそこへ座ってメイクをする為の家具です。

 

昔はそこそこの値段がしたのですが

今はお手頃な価格で入手できるようになりました。

デザインもかわいらしいものからオシャレなものまで色々あります。

 

ところで、このドレッサー、家のどこに置きたいですか?

多くの人は寝室に置いていると思いますが、

実は風水ではドレッサーを置く場所や向きで運勢が変わるとされています。

 

そこでここでは風水的にドレッサーの置き場所や位置、向きをどこにすれば

どんな運勢が良くなるかを説明します。

ドレッサーを購入予定の方はぜひ参考にしてくださいね。





スポンサーリンク







風水ではドレッサーの位置や向き、置き場所で運勢が変わる?

今ドレッサーを部屋に置いている方は、

部屋に置く時に位置や向き、置き場所を真剣に考えましたか?

 

おそらくそんな事はなく、

「そこにちょうどスペースがあったから」「なんとなくそこに置いた」

という偶然的な理由で置いている方が多いと思います。

 

ですが、ドレッサーは位置や向き、置き場所で運勢が大きく変わります。

その大きな理由としては、ドレッサーに鏡がついているからです。

 

風水では鏡は悪い邪気を跳ね返したり、逆に魔を呼び込んだりもする

運勢を左右する大きな家具です。

 

例えば鏡は別の鏡と合わせ鏡のようになってしまう配置にしてしまうと

運勢を下げてしまうと言われていますし、

花瓶に飾った花が移るようにおけば、運勢をあげてくれるとも言います。

 

特にドレッサーについている鏡は大きな鏡なので、

置く場所に気をつけないと逆に凶を呼び込んでしまう事もあるんです。





スポンサーリンク







ドレッサーはなぜ寝室に多いの?

ドレッサーは、昔から寝室に置いている人が多いです。

では、どうして寝室に置くのでしょうか。

 

ドレッサーはメイクをしたり、首から上を整える為の家具です。

 

特に顔の化粧は集中しないといけませんから、落ち着いてメイクをしたいですよね。

家の中で落ち着ける場所と言えば寝室なので、

寝室にドレッサーを置いている人が多いのです。

 

そして風水的にも、寝室にドレッサーを置くのは良い効果があります。

 

鏡は神聖なものなので、寝る前に自分の顔をドレッサーに移すと

鏡から良い運勢をもらえ夢見も良くなるという考えがあります。

 

寝室にドレッサーを置いておけば、

寝る前にドレッサーの前に座り顔を確認するのも簡単です。

 

寝る前の顔のパックやケアもしやすいので、自然と顔のお手入れもするようになります。

 

また、ドレッサーがあれば、嫌でも「きちんと化粧しなきゃ」と思いますよね。

眠る場所のすぐ近くに顔を整える家具があるという事で、

「綺麗になる」という意識が高まり、自然に心が高まります。

 

自分の美意識を高める為にも、

寝室にドレッサーを置くのは理にかなっているんです。

風水で運勢が良くなるドレッサーの位置や向きは?

では、運勢が良くなるドレッサーの位置や向きはどうすれば良いのでしょうか。

 

鏡は太陽を映すようにすると魔を退けて運勢を良くしてくれるそうです。

ですからドレッサーの位置は北側で、

ドレッサー本体の向きとしては

北を背にしてドレッサーの鏡に太陽が映るように置くと良いですね。

 

また、鏡は良いものを移すと効果を倍増してくれるという考えがあります。

例えば花瓶に生けた美しい花、絵画、観葉植物、綺麗に並べられている小物などです。

 

基本的に、自分の好きな物を部屋に置くとそれだけで運勢が高まります。

さらにそれを鏡に映すと好きな物が2つに増える事になるので、

さらに運勢が良くなるという訳です。

 

場所を取らずに好きな物を増やす事ができるので、ドレッサーの鏡に

お気に入りの物を移すようにするのはオススメですよ。

 

また、ドレッサーでは他にもあげてくれる運勢があります。

まずは金運です。

 

金運を上げたい方は、ドレッサーを東に向けるのがオススメです。

東は太陽が昇る方向ですが、太陽は良い気をたくさん集めて送ってくれます。

また太陽の色は金運を高める黄色もしくは金なので、金運と相性がとても良いのです。

 

朝の太陽は地球に向けて元気な気をどんどん送ってくれますので

東を向けているとドレッサーが反応して運勢をあげてくれますよ。

 

次に恋愛運です。

恋愛は、南西の方向に高い気が集まります。

 

という事で、ドレッサーに向かうあなたの顔が南西向きになるようにすれば、

メイクもバッチリ決まります。

 

「最近恋愛運ないなあ~」という方は、

ドレッサーの背が南西の方向になるように置いてみてください。

ちなみに南西の方向に赤やピンクの色の物を置くと、さらに恋愛運がアップしますよ。





スポンサーリンク







風水で運勢が良くなるドレッサーの置き場所は?

リビング、ダイニング、寝室、自室……。

家には色んな部屋がありますよね。

 

では、運勢が良くなるドレッサーの置き場所はあるのでしょうか?

 

運勢が良くなる一番の場所は「寝室」です。

自室が寝室でもある場合は、自室でも大丈夫です。

 

ですから、多くの方が風水的にも正しい位置にドレッサーを置いている事になりますね。

 

「人は見た目が大事」という言葉がある通り、

人にとって顔と言うのはかなり重要なパーツです。

 

ドレッサーはその重要な顔に魔法をかけて綺麗にする場所ですから、

騒がしいリビングやダイニングより、静かな寝室の方がふさわしいです。

 

ただ、ドレッサーを寝室に置く時には一つ注意が必要です。

それは「眠る時は鏡を隠す事」です。

 

起きている時に自分の姿が映ったりお気に入りのものが鏡に映るのは

全く問題がなくむしろ良いのですが、

「自分の意識がない時」に鏡に自分や何かが映るのはあまりよくありません。

 

鏡は風水では強力な家具です。

鏡に支配されないようにするには、

自分が活動を停止する時は鏡も休ませてあげましょう。

 

自分が寝る時はドレッサーの鏡が畳めるタイプのものは鏡を畳み

畳めないものは布を被せるなどして何も映らないようにしましょう。

 

そしてあなたが起きると同時に鏡も起こしてあげると

良い運勢を呼び込んでくれますよ。

ドレッサーで運勢を上げよう!オススメドレッサー①

ドレッサーというと「少し場所を取る家具」というイメージもあると思います。

ですから特に一人暮らしをしている方は、

「欲しくても置く場所がない」という事が多いですよね。

 

そんな時にオススメなのが、こちらの超コンパクトなドレッサーです。

 

女性の声を集めた理想のドレッサーで、

収納スペースが多く小さいながらもかなり使いやすい作りになっています。

 

コンセントもついているので、

ドレッサーでメイクしながらヘアアイロンをかけるという事もできますよ。

 

メイクは女性にとって大事ですよね。

使いやすいドレッサーがあれば、メイクにかかる時間も減り

時間の節約にもなります。

 

値段もそんなに高くないので、「ドレッサーを買ってみたいけど迷っている」

という方にもオススメですよ。

 

ドレッサーを使ってみたくなったら、

ぜひこちらから最初に試してみてください。

関連記事:財布の使い始め2018年はいつがいい?天赦日・一粒万倍日のカレンダー!

ドレッサーで運勢を上げよう!オススメドレッサー②

かわいい家具を置くと、

それだけで自分もかわいくなれたような気がしますよね。

 

人間の意識というのは不思議なもので、

例えばテレビに出ているぱっとしない芸能人も、

テレビに出続けるとだんだん顔が締まってきて洗練されてきます。

 

それは日常でも同じで、かわいい家具に囲まれていると、自然と

「この家具に似合うようにかわいくなろう」という意識が生まれてきます。

 

ですから、特にメイクをするドレッサーの

「かわいさにこだわる」というのは意外に大事なんです。

 

そこでオススメなのが、こちらのドレッサーです。

そこまで高くないのに、かわいさと使いやすさが合わさったステキなドレッサーですよ。

 

このドレッサーを使うと、メイクもうまく行くような気がするかも!?

 

かわいいドレッサーで女子力を高めたい方には、

ぜひオススメのドレッサーです。

関連記事:トイレに鏡は風水的に大丈夫?位置は?トイレの前はダメ?





スポンサーリンク







最後に

顔を整えるのに大事なドレッサー。

そのドレッサーは、風水では位置や向き、置き場所次第で顔だけでなく

運勢まで上げてくれるんです。

 

位置や向きや置き場所を工夫するだけで運勢が良くなるのですから、

簡単ですよね。

 

オススメの置き場所は寝室ですが

寝室なら誰の家にもあるのでぜひやってみてください。

 

知らず知らずの内に、あなたの意識も変わってきますよ。

今は安くてかわいいドレッサーもたくさんあるので、

ドレッサーを持っていない方はこれを機にドレッサーを購入してみるのも良いですね。

 

ドレッサーで顔も心も運勢もみんな上げて、

毎日をウキウキで過ごしちゃいましょう

関連記事:財布の買い替え時期2018年!風水ならいつがいい?





スポンサーリンク






サブコンテンツ