しぶんぎ座流星群2018の方角や時間は?極大や見頃についても詳しく解説!

みなさんはしぶんぎ座流星群というのをご存じでしょうか。

あまり聞き慣れないかもしれませんが、

実はしぶんぎ座流星群は日本の三大流星群の一つとされているものです。

ちなみにあとの二つは、ふたご座流星群やペルセウス座流星群です。

 

しぶんぎ座流星群は毎年お正月に活動する流星群で、

新年早々の流星群ともあって縁起がいいとされています。

ぜひ、しぶんぎ座流星群を一度は見て頂きたいと思います。

 

さて、それでは2018年のしぶんぎ座流星群は、

いつ頃、どの時間帯、どの方角で見ることができるのか、詳しく解説していきます。

一番良い見頃のしぶんぎ流星群を見て、

年始めを気持ち良く過ごすことができると良いですよね。





スポンサーリンク







しぶんぎ座流星群とは?

まず、しぶんぎ座流星群について簡単にご説明します。

しぶんぎ座流星群とは、りゅう座とうしかい座を放射点として現れる流星群です。

8月に観測されるペルセウス座流星群や12月に観測されるふたご座流星群と並び、

三大流星群の一つとされています。

 

正月に多くの流星群を確認できることで有名であり、

毎年1月2日頃から1月5日頃まで活発になりますが、

しぶんぎ座流星群は三大流星群の中でも極端に極大(ピーク)の時間が短く、

その年によって流星の出現数にはムラがあるのが特徴です。

 

また、しぶんぎ座流星群は南半球では放射点が低いためほとんど見ることができません。

日本を含む北半球の方が、観測条件として良い流星群ということですね。

 

ちなみに、流星群を地上から観測したときに

ある1点から放射状に流星群が飛び出すように見えますが、

この1点のことを放射点といいます。

 

しぶんぎ座流星群は、この放射点付近にしぶんぎ座という星座があったことが由来ですが、

しぶんぎ座というのは1928年に廃止されています。

そのため、あまり馴染みの無い名前の流星群となっているのです。





スポンサーリンク







2018年のしぶんぎ座流星群の観測日、極大や見頃の時間帯は?

しぶんぎ座流星群の2018年の観測日は例年通りで、1月2日~5日とされています。

中でも一番流星群の活動が活発になる極大は、1月4日とされています。

国際流行機構のデータでは、1月4日午前5時(日本時間)がピークとなっておりますが、

極大の1日前から徐々に増え始めるので、2018年のしぶんぎ座流星群の見頃としては

 

①1月4日午前0時~夜明け

②1月3日午前0時~夜明け

の2日間がおすすめです。

 

特に、しぶんぎ座流星群は午前3時ごろから放射点が高くなっていくので、

午前3時から夜明けまでが最も良く見える見頃の時間帯と言えるでしょう。

極大時には、1時間に20個~30個程度の流れ星の出現が期待されます。

 

流星群の電波観測の条件も良いですが、

2018年のしぶんぎ座流星群は極大直前に満月となるので

極大時も月明かりが比較的強いと予想されており、

見頃とは言えあまり観測の条件としては良くありません。

 

流星群の明かりは月明かりや電灯と比べると非常に弱く、

月明かりが強いと見えにくいとされています。

2018年のしぶんぎ座流星群を観測する際には、

なるべく電灯などの明かりの少ない暗い場所を選ぶのがおすすめです。

 

ちなみに、かに座K流星群の突発出現が2015年、2016年と

しぶんぎ座流星群と同時期に観測されています。

2018年にもかに座K流星群の突発出現の可能性があり、

もしあるとするならば1月10日6時頃とされています。

関連記事:財布の使い始め2018年はいつがいい?天赦日・一粒万倍日のカレンダー!





スポンサーリンク







しぶんぎ座流星群はどのように観測したら良い?方角は?

2018年のしぶんぎ座流星群の極大日取りと見頃の時間帯を押さえたところで、

実際にしぶんぎ座流星群を観測する際のポイントを紹介していきます。

 

まずは観測の方角についてですが、月を視界に入れない方角の空が基本です。

流星群の明かりは淡いので、月の近くで観測してもなかなか見つけることができません。

月に背を向けるようにして立ち、基本的には東の方角の空を見るのが良いでしょう。

市街地の明かりも流星群の観測には障害となりますので、

実際の方角を意識するというよりは明かりの無い方角を見る、というのが良いでしょう。

 

また、人の目は明るい所から暗い所を見ると、慣れるまでに時間がかかります。

特に流星群の観測は暗い中で淡い光を探すことになるので、

少なくとも15分から20分くらいは明かりを避けて暗闇に目を慣らしておきましょう。

観測時間までスマホで時間をつぶしたりしてしまうと、

せっかくの極大時の見頃によく流れ星が見えないなんてことになってしまいますので

その点は注意しましょう。

 

加えて1月の真夜中の観測になるので、防寒対策をしっかりする必要があります。

防寒着を着込んだり、観測直前まで車で暖かくして待機しておくなど、

くれぐれも風邪を引くことのないように観測してくださいね。

手袋やマフラーなどの防寒具はもちろんのこと、

魔法瓶に暖かい飲み物を入れておく、なんていうのもおすすめの防寒対策です。

 

LIBERTA 寝袋

しぶんぎ座流星群の観測を外で待つには、寝袋が必須です。

座って待つにも立って待つにも、そのままでは足の先や手が冷えてしまいます。

寝袋なら、中に入って仰向けで空を眺めながら暖かく待つことができますよ。

観測中も、立って見上げると首が疲れてしまいますが、

寝転んで見ていればそういう心配もありません。

 

こちらの寝袋は長さ205cm、幅70cmと老若男女誰でも利用可能なサイズです。

最低使用温度はマイナス15度と、真冬の夜中でも十分耐えうる設計になっています。

また、頭部を包み込むような立体的フードもあり、

使用感もふかふかで分厚いので非常に暖かく過ごしやすいです。

 

カラーも4種類あり、趣味に合わせて選択が可能です。

家族で並んで寝転んで見るしぶんぎ座流星群は、きっと最高の思い出になるでしょう。

家庭で洗濯が可能というのも、衛生的で良いですよね。

 

BVD PLUS CONTROL ロングスパッツ

防寒対策と聞くと、暖かい上着に頼りがちですが、

インナーも非常に大切であることを忘れてはいけません。

こちらのロングスパッツは、暖かいだけでなく

通気性も良好で蒸れにくいのが特徴です。

伸縮性も良く、軽い着心地なので長い間着用していても疲れません。

 

くるぶしまであるので、下半身全体がしっかり温められますので、

真冬のしぶんぎ座流星群の観測には非常におすすめのインナーです。

 

レジャーシート

真冬の地面に直接座ったり寝転んだりすると、あっという間に身体が冷えてしまいます。

できれば、厚めのレジャーシートを敷いた上で座るのがおすすめです。

 

こちらのレジャーシートは暑さ1.5cmとクッション性に優れ、

でこぼこ地面でも気になりませんし、冷気もしっかりシャットアウトしてくれます。

蛇腹状に折りたたんで収納するタイプなので、巻きぐせもなくフラット性に優れています。

折りたたんだまま使えば、簡易ベンチとしても使えるのも良い点です。

 

また、収納時に座る面と地面に付く面が重ならないので、

座る面もいつも綺麗な状態を保つことが可能ですし、

四角くなるので、他の物との収納の兼ね合いも取りやすいです。

関連記事:羽田空港駐車場予約なしでもOK?平日や土日の混雑状況は?





スポンサーリンク







最後に

しぶんぎ座流星群は正月早々ということもあって

時期的に話題になりにくいですが、

年始めに見る縁起の良い流星群として楽しみにしている方も多いです。

 

2018年のしぶんぎ座流星群は、月明かりの条件的には少し厳しいですが、

それでも4日の明け方の極大時には、流れ星を観察することができるはずです。

真冬の観測になりますのでしっかりと防寒対策をとり

しぶんぎ座流星群の観測を楽しんでください。

関連記事:同窓会欠席の場合の例文!近況報告などのハガキの返信の書き方は?





スポンサーリンク






サブコンテンツ